Takeshi Isobuchi's TVZ Tea Room Blog produced by TVZ

紅茶専門店 ディンブラ ブログ/磯淵 猛のコラム
Takeshi Isobuchis Tea Room Blog

紅茶専門店 ディンブラブログ
 5月28日・東銀座マザーリーフ・サンデーティータイム

5月28日・東銀座マザーリーフ

 

サンデーティータイム

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「初夏の新茶」到着・試飲会

新しい味覚・・ティーカクテル

 

 

5月28日は東銀座マザーリーフのサンデーティータイムです。

今回は「春・初夏の新茶」入荷に伴い、全種類の試飲会をいたします。

 

紅茶はティードリンクとして新しい飲料の分野に入ってきました。

紅茶をベースにさまざまな副材料(ハーブ、スパイス、中国茶、日本茶、

果汁、乳製品、アルコール、リキュール、)と組み合わせ、

また副材料のアレンジによって紅茶との新たな風味作りが可能です。

さまざまなアイディアがこれからのティードリンクを生み出していきます。

今回は未来的な紅茶のレシピ作りのお話です・・・・。

〜〜〜〜〜〜

お申し込み・お問い合わせは

マザーリーフ東銀座店

03−3545−1632

 

 

| - | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ベネット・クレーさんと面会

ベネット・クレーさんと面会

 

スリランカからベネット・クレーさんとランジットさんが

来日しています。今日はクレーさんと東銀座マザーリーフで

面会しました。

ランジットさんは先に仕事で名古屋・・別行動です。

クレーさんもランジットさんも日本の主要都市はとても詳しく、

一昨日、ランジットさんと新宿で待ち合わせをしたのですが、

彼の方が新宿駅は詳しくて、先に来て待っていました。。

〜〜〜〜

マザーリーフのランチを取って、その後、クレーさんが、

「マザーはワッフルがおいしいから」って、

食後のデザートを注文するほど。

マザーのワッフルとイングリッシュミルクティーを男4人で

楽しみました・・・・・。

 

 

| - | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
 初夏・・・アイスティー

初夏・・・アイスティー

 

 

連休中に九州のお客様から戴いた夏みかんで

「夏みかんセパレートティー」を作ってみました。

すごくいい香りです!

甘酸っぱくて、爽やか!

〜〜〜〜〜〜

作り方)

夏みかんを1/4個搾って果汁をグラスに入れる

シュガーシロップを20cc入れる

グラスに氷を7分目ほど入れ、アイスティー(キャンディ)を

ゆっくり注ぐ

〜〜〜〜〜

新茶のキャンディは渋みが少なくとても飲みやすく

アイスティーにするとおいしいです

 

連休が終わりいつもの日に戻りました。

ちょっと一息する時に「紅茶」がとても

リラックスさせます!

 

 

| - | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ゴールデンウィーク・・ティータイム

ゴールデンウィーク・・ティータイム

 

まだまだお休みが続きます!

昨日はディンブラに沢山のお客様にお越しいただき

有難うございます。

丁度新茶の売り出しに重なり、大賑わいのゴールデン

ウィークになりました。

新茶は「春〜初夏の香り」です。

 

昨日はお客様から「さくらんぼ」を戴きました。

 

「ハーブナッツ・ワッフル」

ハーブシロップで漬け込んだカシュナッツ、くるみ、アーモンドなど、

食べるとほんのりとハーブの香りが広がります。

新茶のディンブラ、ウバ、ルフナのティーウィズミルクで

一緒にお愉しみください。。。

〜〜〜〜〜

営業時間は

午前10:00〜午後6:30(ラストオーダー)

午後7:00閉店です。

〜〜〜〜〜

 

| - | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ジェームス・テーラ没後125年目

ジェームス・テーラー没後125年目

(1835〜1892)

 

 

2017年5月2日はジェームス・テーラーの125回目の命日です。

私が紅茶の仕事をはじめて38年目、一度も会ったことのない

このスコットランド人のことをずーっと想ってきました。

彼の生まれた故郷を訪れ、開拓した彼の茶園(ルーラコンデラ)

やキャンディの墓をお参りし、彼が通った道や、見た山々、ジャングル、

岩や湖、キャンディの町並みも歩きました。

知れば知るほど身近に感じます。

亡くなって125年、生きていれば必ず会ったでしょう。

生の声を聞きたかったです。

紅茶の栽培や製茶でなく、人として男としての人生を聞いてみたかった。

 

彼が遺産として残した紅茶が、今世界中で、日本でどのように

飲まれているか、親しまれているか、知ったら驚くでしょう。

いや、彼が紅茶にのめり込む要因は、16歳でスコットランドから

旅立った時、その前から持っていた母親からプレゼントの

キッズプレートに刷り込まれていたのかもしれません。

 

これからも、テーラーと共に紅茶を愛して生きていこうとおもいます!

〜〜〜〜〜

テーラーのキッズプレートに書かれていた言葉

 

IF THE FAIRIES COME TO TEA

HOW VERY JOLLY THAT WOULD BE

THEY'D SAY ”HELLO" I'D SAY ”COME IN"
AND THEN THE FUN WOULD ALL BIGIN
もし妖精たちが紅茶を飲みにきたら
どんなにか楽しくなるよ
”やあ、こんにちは” って言ったら
”どうぞはいって” って言うんだ
それからおもしろいことが始まるよ
〜〜〜〜〜〜〜〜
(いみじくもスコットランド出身の紅茶王トーマスリプトン
1850年5月10日誕生日です)
| - | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
コンテンツ
最新記事
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
最新コメント
リンク
スタッフ紹介
このページの先頭へ