Takeshi Isobuchi's TVZ Tea Room Blog produced by TVZ

紅茶専門店 ディンブラ ブログ/磯淵 猛のコラム
Takeshi Isobuchis Tea Room Blog

紅茶専門店 ディンブラブログ
<< フルーツティーの知識 | main | 紅茶によい水 >>
 味・香り・水色の成分
味・香り・水色の成分

味・香り・水色。これが紅茶の三大要素ですが、これらを構成するものは何でしょう?


【1:味】

紅茶の中に含まれている、タンニン(カテキン類)・カフェイン・アミノ酸が調和して、それぞれの特徴ある風味となります。
.織鵐縫鵝甓い刺激と渋味。
▲フェイン=渋味。
アミノ酸=甘味。


【2:香り】

化学的に分析すると、紅茶の香りは、バラ・スミレ・スズランの3つの香りだとされます。この香りのもとは、茶葉(生葉)の中にごく微量含まれているアルコール類で、摘み取った生葉を乾かしてしおらせる(萎凋・いちょう)ことによって増加します。さらに、揉む(揉捻・じゅうねん)ことによって、タンニンが空気中の酸素と化合して、いろいろな香りの成分が作られます。


【3:水色】

紅茶を入れたときの水の色を水色(すいしょく)と呼びます。赤色やオレンジ色をしている紅茶の水色は、タンニンが酸化してできた、テアフラビン・テアルビジンなどの化合物の含有量の微妙な変化によって変わります。
.謄▲侫薀咼鵝瓮レンジ系の赤色をおもに発色させ、この含有量が多いほど、水色は美しくなります。
▲謄▲襯咼献鵝畤爾だ嵜Г簀擦こ貎Г鬚もに発色させます。

,離謄▲侫薀咼鵑隆淪量が多いかどうかが、紅茶(リーフティー)の品質を評価する大きなポイントとなります。
| 紅茶まめ知識 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.dimbula.com/trackback/239027
カレンダー
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
コンテンツ
最新記事
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
最新コメント
リンク
スタッフ紹介
このページの先頭へ