Takeshi Isobuchi's TVZ Tea Room Blog produced by TVZ

紅茶専門店 ディンブラ ブログ/磯淵 猛のコラム
Takeshi Isobuchis Tea Room Blog

紅茶専門店 ディンブラブログ
<< 訃報 | main | 「磯淵猛 お別れの会」のご案内  >>
 磯淵猛 逝去にあたり衷心より御挨拶申し上げます

御挨拶申し上げます。

故 磯淵猛の妻 直子でございます。

 

磯淵猛は2月21日16時08分、家族が手を取り合うのを待って、

静かに旅立ちました。

 

221日は香川県高松市にて セミナーが開催されることに

なっておりました。220日 高松市に入り、夜は関係者の方々と

会食の楽しい時間を過ごし、では明日のセミナーでの再会をとなって、

お店を出て階段を下りていた時にバランスを崩して落ち、

頭を強く打ったとのことでした。

同行の方がすぐに抱き起してくださった時には既に意識はなく、

救急車の中で心肺停止の状態だったと聞かされております。

搬送先の大学病院で診察・検査の結果、家族にお別れの時間を

確保するよりほかのすべはないとのことで、

私たち家族はせめてもの別れをいたしました。

 

夫は出身が四国でございますので、相談して葬儀はそのまま四国で

となりました。家族葬にいたしましたので、通夜は夫の傍でたくさんの

お話をする時間を持てました。

 

呼びかけても応えてくれない夫になりましたが、

体の力が抜けて表情が刻々と穏やかに優しく……

長年頑張った緊張から解放されたのでしょうか。

 

仏教の言葉に『 和顔施 』というのがあると聞きます。

同座した家族へ夫からの最後のプレゼントだったのでございますね。

通夜の後、荼毘に付し、菩提寺にて葬送・納骨までの仏事を

住職のお導きに従って執り行いました。

 

磯淵の信じがたい急逝の訃報に、また状況の分からないことで

あまたの御心配・御心労をお掛けいたしました不行き届き

お詫び申し上げます。

 

また、磯淵が心血を注いで大切にした紅茶を介して、

皆様に頂戴いたしました格別の御愛顧・御厚誼をありがたく

厚く御礼申し上げます。

 

ディンブラは残されたものが遺志を受け、力を合わせて

守っていきたいと存じます。

 

皆様には磯淵に賜りました御愛顧・御厚誼のほど、

どうぞ残された者たちに賜りますよう、

ご指導・叱咤激励賜りますよう幾重にもお願い申し上げます。

 

「お別れの会」につきましては、四十九日をめどに執り行わせて

いだだきたく、追って御案内申し上げます。

 

                        故 磯淵猛 妻 直子

 

| - | 09:53 | comments(5) | trackbacks(0) |
株式会社秀和システム、
第5編集局の益田です。

突然の出来事で、お悔やみの申し上げようもございません。
昨年末まで書籍の御執筆でさんざんお世話になりながら、
恩返しが全然できておらず、そのことが悔やまれてなりません。

正直、私自身、気持ちの整理が追いつかない状態でありますが、
先生のご冥福、心よりお祈り申し上げます。

先生の魂が、奥様、そしてディンブラの運営に携わる
スタッフのみなさまをこれからも温かく見守ってくださると、信じて疑いません。

お別れの会には参加し、先生に最後の御挨拶させていただきたいと思っております。
| 益田賢治 | 2019/02/27 4:01 PM |
色々と大変な中、詳細をお伝えいただきありがたく思います。

一紅茶ファンだった頃、磯淵さんの著書を読み紅茶の世界により憧れました。

紅茶専門店の開業を志し、妻は銀座のマザーリーフで経験を積ませていただいたりもしました。

磯淵さんはわ今の、この日本で紅茶界に大きく影響を与えられた方の1人だと心から思います。

我々夫婦もその影響をうけた1組です。


久しくディンブラさんにお邪魔しておりませんがまたお伺いさせていただきたく思っております。

故 磯淵猛様のご冥福をお祈りします。

元 紅茶&デリ HighTea 小金澤雄彦
| 小金澤雄彦 | 2019/03/02 1:26 PM |
心よりご冥福をお祈り申し上げます
| かこ | 2019/03/02 4:35 PM |
あまりのことに、言葉が出ません。
| kodomari | 2019/03/09 9:33 AM |
突然の訃報に驚きを隠せません。
鎌倉のディンブラ開店直後からのいとこがアルバイトしていた縁で何度も足を運ばせて頂きました。昨年、箱根の旅行帰りに藤沢のお店に寄った際に、運良く磯淵さんに会え、懐かしがって頂き、サイン入りの著書を頂いたのが最後になってしまいました。私の紅茶のこだわりは、すべて磯淵さんあっての賜物で、本当に残念です。
日本の紅茶のリーダーとして、やってこられた功績は計り知れないものと思います。
3月30日の会には仕事でどうしても出れませんので、この場を借りて、ご冥福をお祈りさせて頂きたく思います。
| 工藤 | 2019/03/18 9:55 PM |









http://www.dimbula.com/trackback/1617718
カレンダー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
コンテンツ
最新記事
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
最新コメント
リンク
スタッフ紹介
このページの先頭へ