Takeshi Isobuchi's TVZ Tea Room Blog produced by TVZ

紅茶専門店 ディンブラ ブログ/磯淵 猛のコラム
Takeshi Isobuchis Tea Room Blog

紅茶専門店 ディンブラブログ
 食事と紅茶
  今朝通勤途中、電車に乗り込みふとドア付近の広告に目を向けると、たくさんのいろんな種類のおにぎりの写真がありました。
 朝ということで少しお腹がすいていたので、「おいしそう!!今なら何味がいいかなぁ・・・。」と思った時、おにぎりの隣に<キリン 午後の紅茶 おいしい無糖 >が載っていました。

 「なるほど。」

 日本人のイメージからすると、紅茶とケーキなどのお菓子との組み合わせは考えやすいですが、紅茶と食事、ましてやおにぎりとの組み合わせはかなり意外かもしれません。

 ですがディンブラでは、数年前からランチタイムには食事と合わせて紅茶をお出ししています。紅茶はスリランカティーでも癖が無く飲みやすいキャンディです。
 
 おにぎりのメニューは残念ながらないのですが、磯淵はじめ私たちスタッフは賄いでほぼ毎日お米を炊いて、紅茶と合わせて頂いています。この組み合わせは本当に美味しくて、炊き立てのご飯だと特に格別です!!

 食事と紅茶。合わせてぜひお試しくださいね。
 
| 紅茶のお話 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 ヨーロッパ紅茶事情《ドイツ編◆
立秋も過ぎ、そろそろ暑さも落ち着いて欲しいですが、
まだまだこの暑さは続きそうですね。
体調管理をしっかりして、乗り切りたいですね。

さて、いつも興味深い話題と写真をお送り下さるNaokoさんから
ドイツのお話しが届きました。
ドイツは2回目です。初回のドイツ編と合わせてお楽しみ下さい♪

ドイツ編

こんにちは。ドイツは既に取り上げているテーマなのですが、
どうしても皆さんにご覧頂きたいお茶の写真があったので再登場です。
前回ドイツを訪れたのは冬、、寒かったこともあり街歩きはあまりしませんでしたが、
6月に再訪して、連日歩いて歩いて紅茶情報を収集?してきました。
いわゆる紅茶専門店はあちこちに容易に見つけることができますが、
特筆すべきなのは”専門店”でなくとも、スーパーや健康食品店などで
1kgパックが用意されていることでしょうか。最初にそれらを見た時には、
カフェなどのオーナーさんが業務用に購入するのかなと思ったのですが、
お話を伺うと「普通の方」がご家庭用に購入するそうです。ドイツ編2−
1kgパックが所狭しと並んでいると、すごい迫力です。そうそう最近ドイツでは、
アメリカの巨大コーヒーチェーン店(日本にもたくさんありますよね。)が次々と閉店しているそうです。
これはコーヒーが人気を失ったというわけではなく、コーヒーや紅茶を自宅で楽しむ方が
増えていることが関係しているとか、、。

ところで、今回はカフェに入るたびに、ミントティーをオーダー。ドイツ編2ー
なぜかといいますと、、写真をご覧頂くとご納得頂けるかと思います、、。
そうです、、その見た目の迫力と、飲んでも美味しいフレッシュ感にはまってしまいました。ドイツ編2−さすがハーブの国ですね。


| 紅茶のお話 | 15:23 | comments(0) | - |
 ヨーロッパ紅茶事情《エストニア編》
今日は雨のお陰で気温が下がり、過ごしやすいですね。
それにしても時折凄い雨・・・。嬉しいような、複雑な気分です。

ヨーロッパでの生活や紅茶事情をレポートして下さった直子さんが
先日帰国されたそうです。
帰国されても、まだまだ情報をお持ちということで、
今回はエストニアの紅茶事情をお送り頂きました。
エストニアってどこにあるのかしら・・・私はすぐにイメージできませんでしたが、
こちら↓
エストニア地図
フィンランドのそば、バルト三国の1つ。首都はタリンだそうです。


ご無沙汰しております。実は先日イギリスより帰国しました。
イギリスを発ったあとに、1ヶ月かけてヨーロッパを周り、
各国の紅茶事情を垣間見てきました。
1年数ヶ月のヨーロッパ滞在中に得た紅茶にまつわる体験・知識は
私の中にまだまだストックされたまま、、
ということから、皆様にお伝えする機会をまた先生より頂きました。
素敵な景色ですね〜
今回はヨーロッパ北東に位置する国・エストニアです。


エストニア編

エストニアの首都・タリンには紅茶専門店といえるお店は
現時点で一店舗もありませんが、規模の大きめのスーパーではセルフサービスで
茶葉の量り売りがされています。
(私が見た中では、ドイツのメーカーのものを扱うスーパーが多かったです。)
一般的に紅茶はよく親しまれているようで、飲み方には少しこだわりをお持ちです。
基本的には紅茶に”はちみつ”を加えて楽しみます。
エストニア
理由はお砂糖よりも健康的だからだそうです。
また、そのはちみつも、極力農家などから100%純粋のものを直接購入する方が多いようです。
エストニア
写真の白いバケツのようなものに入っているのは純度100%のはちみつです。
ちなみにミルクティーにはカフェでもスーパーでも出会うことができませんでしたが、
エストニアの人々にとっては紅茶と牛乳は結びつかないそうです。
| 紅茶のお話 | 14:14 | comments(0) | - |
 アメリカ・ハワイのカフェ
 6月28日から7月3日までひと足早い夏休みを頂き、アメリカ・ハワイへ行って参りました。旅行中はお天気にも恵まれ、梅雨でじめっと暑い日本に比べ、からっと晴れて風が心地よくとても過ごしやすかったです。


 ハワイのカフェはどんな感じなのか行く前からとても関心があり、注目していました。コーヒーの文化が続いていたアメリカでも、最近は健康志向でお茶が注目を集めているとのことでしたが、街中を歩くとほぼ100%コーヒーのお店ばかりでした。コナコーヒーで有名なハワイではショップのいちおしメニューがどこのお店でもコナコーヒー。コナコーヒー100%のもの、他のものとブレンドしたものなど種類はたくさんでした。片隅に少しお茶のメニューがあり緑茶と紅茶がありました。紅茶のミルクティーを頼むと、紅茶の味というよりミルクが強く全体的にさっぱりとした甘いミルクティーでした。
 ホテルやレストランで紅茶を注文すると必ずレモンも一緒に付いてきました。ホットティーの茶葉はダージリン、アイスティーはピーチのようなフレーバーがついていました。レモンティー発祥の国アメリカ。まだその文化は続いているようです。
 国によって文化も様々、おもしろいなと思いました。



 私の帰国と入れ違いで礒淵がスリランカへと旅立ちました。
同じ時間に成田空港第2ターミナルに居たのですが、会うことはできず、電話で話をしました。
なんとスリランカ航空は機材不備の為出発が夜の10時を過ぎるとのこと!!
その後連絡はないですが、今ごろはキャンディの街に到着していると思います。
礒淵はじめツアーに参加された方々の旅の安全を祈りたいと思います。

 
| 紅茶のお話 | 18:17 | comments(0) | - |
 夏はすっきりプレーンティーで!!
 エディーさんとおっしゃる、日本生まれで現在ハワイ在住の86歳になるお客様が、ハワイに帰る前にもう一度と、ディンブラにいらして下さいました。以前帰国された時もディンブラにお立ち寄り下さいましたが、今回は帰国されている間に何度もご来店下さいました。
 ハワイにいらっしゃる時はもちろん英語なので、最初ご来店下さった時の日本語での会話はあいさつくらいでしたが、先日いらしたときにはぺらぺらで、日本語で冗談までおっしゃっていました。
 昔に経験したことは頭、体が覚えているのかすぐに思い出され、馴染んでいくものなのですね。
 「日本に帰って来てから太っちゃった!」
 「でも私の作る食事のせいじゃないわ。」
 エディーさんと日本在住の娘様との会話がとても微笑ましかったです。
 娘様の愛情たっぷりの日本食で、エディーさんは楽しい日本での生活を過ごされたことと思います。
 「プレーンティー!!」
 とカロリーを気にされているエディーさんはミルクティーではなくプレーンティーを召し上がられました。
 ちょうどキリン午後の紅茶から先日発売されたばかりの「プレーンティー」。
ハワイでも販売されればいいなぁ・・と思いました。

キリン午後の紅茶・無糖 プレーンティー
 
  
| 紅茶のお話 | 11:41 | comments(0) | - |
 ヨーロッパ紅茶事情《イギリス編》
連休があっという間に終わってしまいました!
今日はどんより曇っている藤沢です。
久しぶりに直子さんから紅茶レポートが届きました。
直子さんのイギリスでの生活も残り1ヶ月だそうです。

なかなか海外に行けませんので、直子さんのレポートや
磯淵のスリランカの話、ランジットさんからの電話・・・
海外に行ったような、海外を近くに感じる瞬間です。

私のイギリス滞在も残すところ、あと1ヶ月となってしまいました。
いろいろな紅茶屋さんに行ったり、いろんな方に紅茶のお話を伺って、
充実した日々です。
先日はヨーク、マンチェスター、リバプール、リーツ、ハロゲート、バーミンガム、
ノッティンガムと7都市をめぐってきました。中でもヨークは最高の紅茶都市です!!
行かれたことはありますか?インフォメーションセンターで
「何件ほど紅茶屋さんがありますか?」と質問をしたところ、
その返答が「millions,millions,millions !!」
その返事どおり、10分ほど市内をブラブラと歩いただけで、
6件の紅茶屋さんに出会いました。
ケンブリッジの次に大好きな街になりました。


イギリス編

ケンブリッジシャーにあるプライマリースクールの校長先生(リチャードさん)
と親しくさせて頂いています。先日ご自宅に招いて頂いた折、
”一般的な”イギリス人としての紅茶の淹れ方を教えて下さいました。
用意するものは、、電気式ケトル、マグカップとティーバッグそしてレモン。
いわゆるイングリッシュブレクファーストを飲むときは、
大きなポットにティーバッグを必要な数だけいれて、大量に作るのですが、
このときはアールグレイを淹れてくれました。
イギリス編 リチャードさんいわく、
イギリス人にとって、アールグレイにはレモンが絶対に欠かせないそうです。
レモンの香りがアールグレイの香りをさらに引き立たせて、
より香り豊かなものにしてくれるそうです。イギリス編
紅茶にレモンというのは日本でもおなじみですが、こだわりが強く、
常にレモンを冷蔵庫に常備しているそうです。

余談ですが、、食後に紅茶を淹れるのは男性というお宅はかなり多いそうです。
確かに私がこれまでに伺ったどのイギリス人家庭(5、6件)でも男性が自然に
オーダーをとって紅茶を淹れてくださっていました。
イギリス編
女性からすると、ちょっと素敵な習慣でしょうか?
| 紅茶のお話 | 15:31 | comments(2) | - |
 ヨーロッパ紅茶事情《ドイツ編》
3月になり、日ごとに暖かさを感じ始め、もう少しすれば桜の季節。
ディンブラの新茶も今年は春を待っての発売になりそうです。
もうしばらくお待ち下さいね。

さて、おなじみとなりました直子さんの紅茶レポート
今回はドイツ編です。ドイツの飲み物といえばすぐにビールをイメージして
しまいますが、お菓子も美味しい国。
お茶もしっかり根付いていますね。ドイツのこだわりが垣間見えるレポートです。

ドイツ編

こんにちは。今回はドイツでの体験を少しお話させて頂きたいと思います。
ゲッティンゲン・フランクフルト・ミュンヘンと3都市を訪れましたが、
各都市で必ず目にしたのがチェーン店のお茶の専門店です。
ドイツ編
紅茶だけでなく、中国茶やハーブティーも幅広く扱っているお店で、
ドイツならではの実用的な紅茶雑貨も取り揃えています。
各都市に住むドイツ人の友人全員が、こちらのお店を利用していたことからも、
その存在感の強さがわかります。ドイツ編
ドイツの方の紅茶(お茶)とのつきあい方は、
前回ご紹介したスイスのようにTPOに合わせて、お茶を選ぶ傾向があるようです。
そうそう個人的にちょっぴり感動したことが、、!
ドイツ滞在中に5件ほど「紅茶」を飲みにカフェや紅茶専門店を訪れましたが、
その中で4件はティーバッグとマグカップでお茶を用意してくれました。
ただ写真にもあるように、なんとソーサーが2枚ついてきます。
その理由は、お気づきかと思いますが、そうです!
ティーバッグを中で蒸らしている間に蓋をして、
ポットと同じ状況を作ってあげるようになっているのです。
ドイツ編
友人は「何を驚いているの?これは当然だよ。日本では無いの?」とさらりと一言。
日本でも見かけたことはありますが、まだまだだと思います。
例えティーバッグといえでも、その中で最大限に美味しくお茶を頂く姿勢に
感動した日々でした。
| 紅茶のお話 | 09:57 | comments(0) | - |
 Message from LONDON
今週は温かい日が続いていますね。
このまま温かくなってくれるといいのですが、油断は禁物。
皆さんも風邪などひかないよう、気をつけて下さいね。

さて、昨日磯淵のもとにロンドンからメールが届きました。
私も2007年のスリランカツアーでご一緒させて頂いた
松本ご夫妻からです。お二人でロンドンに留学中。
もう、日本を発って1年半も経ってしまいましたが、ディンブラの紅茶は
変わらず楽しんで頂いているようです♪

メッセージと合わせてご紹介します!

磯淵先生、スタッフの皆さま

日本も、まだまだ寒い日が続いているようですが、いかがおすごしですか?
ロンドンももちろん寒いですが(笑)、晴れた日の日差しの強さに
春の到来の近さを感じています。
先日から、とあるお寿司屋さんのキッチンでアルバイトをしていますが、
そこに何故か?スリランカ人の青年が働いています。
ロンドン生まれらしいですが、なかなか日本語も堪能で優秀な青年です。
彼と並んで働いていると、スリランカの風も感じられて、何とも言えない
懐かしさを覚えます。

さて、昨日の日曜、近藤さんが上京ならぬ上ロンドンしてくれ、今年初めて
会うことができました。
彼女と同じ学校に短期留学していた藤井さんと一緒に。
(藤井さんは、留学を終えてきました)
このメンバーが揃ったら行く所は決まっています。
ロンドンのティーハウスティーハウス!
その時の写真を添付して、まずはお礼まで。。。

手前のお二人が松本ご夫妻です

今年のスリランカツアーは残すところ7月のツアーのみとなります。
現在パンフレット作成中です。
出来上がり次第御案内致しますが、御希望の方は弊社までお申し付け下さいね。

(株)ティー・イソブチカンパニー
電話0466−24−4649
| 紅茶のお話 | 10:54 | - | - |
 紅茶にまつわる、プチ健康法 【続編】
健康診断も終わり、改めて日々の健康管理に努めようと思った高橋です。
さて、先日ブログに登場した“紅茶で筋トレ”についての続編です。
2回に分けてまでご紹介するほどのものではないかと、恐縮してしまいますが…。

我が社では、朝・昼・午後の1日3回紅茶を淹れていただきます。
あいにく、オフィスにコンロがないので、電気ポットのお湯を95℃設定にして淹れます。
鍛えるのはその時です!
ポットの「給湯」ボタンを押している数秒間、スクワットを行っています。
その日のコンディション(屈伸具合など)によりますが、
オリジナルのティーポットに1回紅茶を淹れるのに、
平均して大きいティーポット(約1050cc)で18回前後、
小さいティーポット(約700cc)で12回前後のスクワットをしています。
スクワットとともに〜

効果は??と聞かれると、確実に言えることはないのですが、
下半身に効いているな〜と実感しながら行っています。
もちろん「美味しいくはいりますように」と思いながら淹れていますので、
紅茶の香りや美味しさは、減量されていないはず(希望的観測…)です(笑)。今の季節は、あたたかい紅茶でほっと一息…

もしお試しされる方がいらっしゃいましたら、
やかんを使って淹れる場合は安定しづらいので、避けた方が良いと思いますし、
ポットの場合でも、十分にお気をつけくださいませ。
| 紅茶のお話 | 10:31 | comments(0) | - |
 紅茶にまつわる、プチ健康法
磯淵がスリランカツアーにて不在ということもあってか、比較的静かなオフィスです。
が、年に一度の健康診断の日が、刻一刻と迫っていたのでした!!
日頃から、健康やダイエットに気を遣っていれば慌てることもないのですが…。
無駄な抵抗と思いつつ、診断前だけでもと、食べる量を減らしています。 ワッフルもしばし自粛中…
テレビや雑誌で話題のダイエット法などを試してはみるものの、長く続いたことのない私。
ですが、ひとつだけ、このところ続いている自己流のプチ健康法があります。
それは…紅茶にまつわるものです。
といっても紅茶を飲んで、○垳困辰拭というものではなく、
あえて言うなら“紅茶で筋トレ”でしょうか。画期的なことではなく本当に簡単なことです。
その内容は、次回のブログでご紹介いたします。
| 紅茶のお話 | 14:38 | comments(0) | - |
カレンダー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
コンテンツ
最新記事
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
最新コメント
リンク
スタッフ紹介
このページの先頭へ