Takeshi Isobuchi's TVZ Tea Room Blog produced by TVZ

紅茶専門店 ディンブラ ブログ/磯淵 猛のコラム
Takeshi Isobuchis Tea Room Blog

紅茶専門店 ディンブラブログ
 日本の新茶・・・好きです
新茶の香り・5月の新緑・茶園の匂い

先週あたりから全国のお茶屋さんから新茶を頂いています。
この緑の香りがとても好きです。それに何とも言えない自然な甘さ。
ある茶園の方の手紙です。一部紹介いたしまます。
「九十九の泣き霜、と新茶シーズンは天候に一段と気を遣います。
今年は3月31日の寒波により、牧ノ原茶産地の早場所地区は最悪な
霜害に見舞われました。新芽は茶褐色になり自然の脅威を改めて痛感いたしました。被害を免れた茶園も日照不足や低温続きで茶摘みが大幅に遅れました。それでも、なんとか作り出した新茶です。」
  天候に打ち勝った今年の新茶を頂きました。想い一入です。。。。
先日、届いたダージリンのファーストフラッシュも雨が少なく、収穫が遅れ、少なかったようです。。。。
自然に逆らわず、感謝して季節の風味を頂きます。。。。
今年の新茶、今年の味と香り、もう二度と無い風味ですから。
緑茶の新茶
| 磯淵猛のコラム | 14:16 | comments(0) | - |
 スポーツドリンクに紅茶!
ディンブラは明日火曜日も営業いたします!

連休まっただ中、楽しんでいらっしゃいますかー
私は今朝、3時間のテニスイベントに参加していました。暑かったです、そして、日焼けも・・・今。顔が真っ赤です。クリームを塗っていたのですが、この陽射し、この気温、このプレー・・・? でもとても爽やかで体が軽いです。
プレー中に飲んだ紅茶(午後の紅茶)はレモンティーが2本、ストレートティーが1本、そして、ディンブラに戻って、紅茶をたぶん500mlくらい飲んだと思います。
紅茶はスポーツドリンクとしてとても優れているのです、カテキンは体力を温存し、疲労を防ぎます。また、日焼けした肌にも効果があります。。。明日には、きっときれいに戻っていると思います。見に来てください!
さて、このウインブルドンのアンティークプリントは、テニスをしながらティーパーティーになっています。イギリス人にとって紅茶はどこでも、いつでも大切な飲み物だったのですね。
皆さんもお出かけの時は、是非、紅茶をお飲み下さい。今日は気温が高くて
ディンブラの店内では、アイスティーがいっぱい出ています。スパークリングティー、ティーパンチ、アイスレモンミルクティー、フルーツティー
透き通った紅茶、綺麗です!
ウインブルドンのテニスと紅茶
| 磯淵猛のコラム | 15:12 | comments(2) | - |
 5月2日は「紅茶の神様」・ジェームステーラーの命日
テーラーを訪ねて・スリランカ紅茶の旅

7月3日(土曜日)〜7月10日・テーラーのバンガロー

1892年5月2日未明、スコットランド人のセイロン紅茶のパイオニアで、紅茶の神様と称えられたジェームス・テーラー(1835〜1892)が、セイロンのキャンディ山岳地帯に作ったルーラコンデラの茶園で亡くなりました。4月30日に赤痢にかかり、翌5月1日の朝はまだ出来たばかりの紅茶をベットの上で鑑定したそうです。。。
16歳で故郷を離れ、17歳から40年間セイロンに住みました。紅茶を愛し、セイロンを愛し、ついにはスコットランドに帰ることなく、茶園の中に生涯を埋めました。
その、セイロンで最初に彼が作った茶園(ルーラコンデラ)を訪れます。
そして、その茶園から7時間掛けて運ばれた彼の遺体を納めた墓地(マハイヤワ)をお参りしたいと思います。
彼が亡くなって118年の歳月が流れました。
セイロンからスリランカへ、そして、昨年は30年に亘って行われていた民族紛争も解決いたしました。
花と緑と美しい青空、そして、残してくれた偉大な茶園この7月のツアーで
皆さんと一緒に見て感じて行きたいと思います。
是非、ご参加下さい!
ジェームス・テーラー 
| 磯淵猛のコラム | 13:13 | comments(0) | - |
 日本の新茶の季節
静岡に行ってきました・・茶畑の中

今朝早く出て、静岡に行ってきました。ディンブラの紅茶のほとんどは静岡のお茶工場でティーバッグや包装した紅茶に仕上げてもらっています。。。
時々、視察を兼ねて伺っているのですが、静岡に入るとやはり茶畑に目がいってしまいます。
今年は冷害があって、一番の新芽が枯れているところが目立ちました。
でも、噂ほどではなく、次の新芽がすくすく伸びて、淡い緑色のベールになっています。収穫は少し遅れるとのこと、、、仕方ないですね。
茶園の方が言っておりました。
「お茶は植物で生き物だから、季節にも、対応にも敏感なのです。茶園の人間は新芽が出てくると、茶の木と同じに元気になります」
 そう言えば、昨年末にお会いしたときよりも、目がいきいきしていました。この新茶の時期が一番活気があって、嬉しい、楽しい時だそうです。
私も行きの時よりも、帰りの方がとても元気になりました。お茶のせいなのか、この話に影響されたからか、、、。それともお昼にウナギを食べたからか・・・・。いずれにせよ静岡はいいところです。
| 磯淵猛のコラム | 17:52 | comments(0) | - |
 今日はジェームス・テーラーの誕生日(3月29日)
ちょっとお知らせ・・テーラーの誕生日

1835年3月29日生まれ
3/29テーラーの生まれた村

3月29日は「セイロン紅茶の神様」と称えられたジェームステーラーの誕生日です。ふと思いだしたので、いまから15年も前に訪れたテーラーの生まれ故郷の写真を紹介します。
スコットランド、キンカーデンシャー、オーチェンブルー、モンボドストリート、イギリスのタクシー(黒塗りのオースチン)で冒険の旅をしました。
「紅茶の国、紅茶の旅」(筑摩書房)
175歳ですね。そんなに昔のことではないです。毎回スリランカに行く度にテーラーのお墓参りをしていますが、なぜか事あるごとにふとテーラーの髭もじゃの顔が浮かんできます。7月のスリランカツアーでもまたテーラーのバンガロー(ルーラコンデラ)に行くのですが、、、。
今日の誕生日もさっき、ふと思いだしたのです。。。。。
丁度新茶の発売です。どこかで見ているのかなーーテーラーさん!
このタクシーでテーラーの村に行ったオーチェンブルーの村著書「紅茶レジェンド」(土屋書店)

| 磯淵猛のコラム | 14:55 | comments(0) | - |
 スリランカ大統領選挙が行われました・・ラジャパクサ大統領再選!
2月6〜13日・スリランカツアーです

次回は今年7月3日〜10日:募集開始近日予定!

26日に行われたスリランカの大統領選挙は無事に終了し、前大統領のラジャパクサ大統領が再度当選しました。。。。。
マニラから応援に来ていたクレーさんもまた昨日フィリッピンに大使として出発しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本日、昨年スリランカツアーに参加された山田さんから、茶園の子供達に沢山の写真と、手紙を頂きました。
手紙にはなんと、タミール語が一部書かれていて、「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」と言う意味だそうです。ただし、調べたので間違っているかも、、、。とおっしゃていますが、伝えたい気持ちが実に嬉しいです。伝えたいと思ってもなかなか伝わらないのが気持ち、でも、この文字を探して手紙に入れて、、この熱意に感動しました。
山田さん、今回はご一緒しないですが、心は一緒に行きます。。。。
茶園の子供達が笑顔一杯に待っていますよー
茶園の学校写真と手紙を添えて・・・
| 磯淵猛のコラム | 12:19 | comments(0) | - |
 店内が香ばしくて焼き立てのスコーンの香り!
ディンブラのスコーン・・ビクトリア時代のレシピです

お馴染みのスコーン、ゲイル語で「口一杯」という意味があるそうです。
苺ジャムとクローテットクリームを乗せて、ほんのりと温かいスコーンを口に入れると、ぽろぽろとスコーンの生地が口に広がり、ちょっと脱水症状が起こります。しかしすぐにとろとろと苺ジャムとクローテットクリームが溶け出して甘く、クリーミーな食感になります。ここで、ティーウイズミルクが入ってきて、全てをさらりと流してしまうのですが、あー寂しい、ではなく、またすぐに囓りたくなるのです。。。。
 今朝も私の部屋までスコーンを焼く香ばしい香りが漂ってきています。
ちょっと見に行ったら、丁度入れ替えるところでした。。。あと数分で仕上がりです。
ディンブラのスコーンはイギリスのビクトリア時代の料理研究家から教わったレシピです。数百年前の味が、今日でもちゃんと残ってまだまだ人気があるのですね。
これを書いている間に焼き上がったと思います。一番にたべよーっと!
ディンブラのスコーン焼き立て!完成のスコーン
| 磯淵猛のコラム | 11:12 | comments(0) | - |
 ディンブラのスパイスはスリランカ直輸入(新鮮)!
ランジットさんが厳選したスパイスです!

スパイスと紅茶で体温上昇!(スパイスティー)

昨日に続いて体温を高める話です。。。。。。
紅茶にスパイスを入れていただくと効果抜群です!
ディンブラのスパイス、スリランカのランジットさんが厳選した品質を輸入しています。特に良いのはカルダモン、シナモン、ナツメグです。シナモンは産地にも行って見学したほどです。
紅茶をティーポットに入れて一緒にスパイスを入れて蒸らしてください。
スパイスの組み合わせは沢山のパターンがありますが、参考に下記します。
*シナモン・ジンジャー
*カルダモン・ジンジャー
*ナツメグ・カルダモン
*シナモン・クローブ
*カルダモン・ブラックペッパー

この他にも3〜4種類をミックスしてもOKです。自分の好みでどのようなマサラでも作り出せます。スパイスは良くたたいて潰して使ってください。
ミルクティーでもブラックティーでもおいしいです。少し砂糖を入れた方が
より体が温まります。
カレーを食べると体が温まりますよね。スパイスの効果です。紅茶ならもっと簡単にできるので是非お試し下さい。。。
ディンブラのスパイスコーナー(スリランカから直輸入)カルダモンとジンジャーナツメグとシナモンクローブとオリジナルマサラこれもオリジナルマサラ
| 磯淵猛のコラム | 12:58 | comments(0) | - |
 寒い週末・・・・・熱い紅茶で温まりー
体温が高いと健康!・・紅茶は体を温めます

本当に寒い週末です。でも藤沢は雪がないだけ幸せですね。
最近、巷の噂では、体温が高いと免疫力が高く、病気になりにくく、健康で居られるとか。そのため体を温める食品が大流行しているようです。。
紅茶は食べることが出来ませんが、飲料の中では身体を温める役目をします。さらに、利尿作用があり、水分を体から出す効果があるので、余分な水分を体にとどめることがなく、体を冷やすことがありません。。
こんな寒い夜は熱い紅茶でうんと温まってください!
| 磯淵猛のコラム | 17:16 | comments(4) | - |
 写真家・富岡畦草先生の写真展・鎌倉芸術館
30年に亘る紅茶とのお付き合い!

歴史の記録写真;富岡畦草先生の写真展:鎌倉芸術館で開催

ディンブラが鎌倉で開店した直後から富岡先生とお知り合いになり、ずーっと紅茶とワッフルをご愛飲いただいてきました。先生は写真家ですが、特殊な写真を撮り続け、歴史的な変化を記録として残すという偉業をなしてきました。その紹介文です。

第二次世界大戦中、戦友を失った経験から、写真で「現在」を記録に残すことがライフワークになる。「定点観測式撮影法」という技法で移りゆく街並や、我が子を撮影してきた。32年間毎日撮り続けてきた我が子の記録は、ドキュメンタリー番組「NHKアーカイブス」に収められ、都市の変貌や鎌倉
の史跡を記録した写真は、新聞、教科書、参考書などに提供協力している。
83歳の現在も生涯学習の講師、連載原稿の執筆、60年間に亘る記録写真の整理に没頭するなど、積極的に活動する日々を送っている
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私が最も尊敬し慕っている方です。人として、いつも明るく、優しく、思いやりがあって、そして、紅茶をこよなく愛しています。
明日は先生のシンポジウムが鎌倉芸術館で行われるので、私も行く予定です。写真家 富岡畦草先生
| 磯淵猛のコラム | 12:20 | comments(0) | - |
カレンダー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
コンテンツ
最新記事
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
オススメBOOKS
最新コメント
リンク
スタッフ紹介
このページの先頭へ